幸田町での新築一戸建て・土地・不動産のことなら【ウッドボへ】 > ハウスドゥ!幸田店 株式会社ウッドボのスタッフブログ記事一覧 > 不動産の相続放棄とは?メリットと注意点を知ろう

不動産の相続放棄とは?メリットと注意点を知ろう

≪ 前へ|子どもを通わせたくなる!?「幸田町」のおすすめ習い事教室   記事一覧   不動産を養子に相続する場合は?節税対策になる理由や注意点|次へ ≫
カテゴリ:不動産用語

不動産の相続放棄とは?メリットと注意点を知ろう

亡くなった親が遺してくれた不動産は、すべて相続するものと思っていませんか?
財産のなかには長年放置していた空き地や山林など、もらっても得しないものあると思います。
この記事では不動産の相続を検討中の方に向け、相続放棄とはなにか、メリットや注意点をお伝えしていきます。
財産の引き継ぎを控えている方はぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

そもそも不動産の相続とは?放棄ってなに?

そもそも不動産の相続とは?放棄ってなに?

まずは不動産における相続放棄とはどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。
相続というのは、両親などが亡くなったあと、所有していた遺産や権利義務を子どもや孫たちが引き継ぐことです。
しかし引き継ぐものは、すべてプラスの財産とは限りません。
不動産や有価証券、預貯金などもらってプラスになる財産であればいいのですが、引き継ぐ場合は借金や未払い金といったマイナスの財産も引き継ぐことになります。
とくに不動産に関しては、長い間放置された荒れ地や資産価値のほとんどない空き家、荒れ地なども含まれることも。
「もらえてラッキーと思ったけど、マイナスの財産だった」という事態になりかねないので、不動産の引き継ぎ時は注意しましょう。

相続放棄とは財産の引き継ぎを放棄すること

相続放棄とは、財産の引き継ぎをすべて放棄することです。
先述したマイナスの財産がプラスの財産を上回ったときや、マイナスの財産しかないとき、そのまま引き継いでしまうと相続人の負担が大きくなりますよね。
財産だけでなく権利も一切引き継がないことになるので、最初から相続人としての立場がなかったことにするのです。
放棄された財産は、そのあとほかの相続人同士でわけあうことになります。

不動産を相続放棄するメリットとは?

不動産を相続放棄するメリットとは?

では不動産の相続を放棄するメリットとは、どのようなことが挙げられるのでしょうか?

マイナスの財産を引き継がなくていい

先ほどもお話ししましたが、相続放棄の大きなメリットは、借金や未払金などを負担になるようなものを承継せずに済むところです。
たとえば被相続人が多額の借金や未払金をそのままにして亡くなったとします。
借金などの負債は「契約者が亡くなればチャラになる」と考える方も多いですが、実は亡くなっても支払い義務は消滅しません。
相続人に支払い義務が発生するので、相続放棄しない限り、多額の借金や未払金は支払い続ける必要があるのです。
そのような負債を背負わなくていいのが、相続放棄のメリットでしょう。

維持管理にコストがかかる不動産を相続してなくていい

引き継ぎを放棄すると、維持管理にコストがかかる不動産を承継なくていいのもメリットです。
冒頭でもお伝えした通り、不動産は所有しているだけで税金や管理費などのコストがかかります。
築年数が古く、資産価値のない不動産であっても固定資産税やメンテナンス費などの出費は避けられません。
とくに庭木の手入れや外壁の破損などは周辺住民に迷惑がかかるので、定期的に修繕する必要も。
遠方に住んでいる場合は、そのようなメンテナンスがより大変になるかと思います。
また建物が建っていない更地の状態だと、住宅用地特例という減税制度が適用されなくなり、6倍近い税金を支払うことになります。
アパートやマンションといった収益物件を持っていた場合は、日々の修繕だけでなく、定期的におこなう大規模な修繕費の負担も懸念されるでしょう。
不動産を維持していくためにはさまざまなコストがかかりますが、相続放棄すれば、それらをすべて引き継がずに済むのです。
維持管理のための出費を出したくない場合にもメリットがありますね。

遺産分割協議に参加しなくていい

相続放棄するメリットとして、遺産分割協議に参加しなくていい点も挙げられます。
遺産分割協議とは、相続人同士で遺産をどのようにわけるのかを話し合う会議です。
スムーズに話が進めばいいのですが、なかには揉めてしまい調停や裁判に発展するケースもあります。
全員と関係が良好とは限りませんし、顔を知らないような相手がいるかもしれません。
相続人が複数いて、それぞれが遠方に住んでいる場合はスケジュール調整も難しく、精神的な負担が大きくなることもあるでしょう。
相続放棄すれば話し合いのために使う時間や労力も不要です。

不動産を相続放棄する際の注意点とは?

不動産を相続放棄する際の注意点とは?

次に不動産を相続放棄する注意点を見ていきます。

プラスの財産もすべて放棄することになる

最初から相続人としての立場がなかったことになるので、マイナスの財産だけでなくプラスの財産もすべて放棄しなければなりません。
たとえば築年数の新しい一戸建てやマンションを持っていたとします。
その不動産を手に入れ、子どもや孫たちと暮らそうと思っていてもかないません。
相続放棄とは、ほしい財産があった場合も手に入らないということを注意点としておさえておきましょう。

裁判所で手続きしなければならない

相続放棄するなら家庭裁判所で手続きが必要になるのも注意点です。
財産を承継しないことをほかの相続人に伝えればOKですが、それだけではマイナスの財産の相続債務はなくなりません。
そのため自分自身で家庭裁判所に足を運び、相続放棄の手続きをおこなってください。
また手続きには少しですがコストがかかります。
手続きする時間がない場合は専門家に頼むことも可能ですが、数万円かかるのが注意点です。
費用をかけてでも手続きの手間を省きたい場合は、専門家への依頼を検討してみてください。

手続きするための期限が決められている

放棄を決めた場合、相続の開始(死亡を知った日)から3カ月以内に家庭裁判所で手続きしなければなりません。
「亡くなったのは知っていたけれど、手続きに期限があることを知らなかった」という理由では、期限が過ぎても認めてもらえないので注意してください。
また自分より優先順位の高い相続人が全員相続放棄し、自分に回ってきたとき、全員が放棄したことを知ってから3カ月以内が期限です。
また申請は申述書や戸籍謄本など、必要な書類をそろえなければなりません。
そのため相続を知ったらなるべく速やかな手続きを心がけましょう。

放棄を決めたら撤回できない

放棄したけれどあとから膨大な金額の財産が見つかった場合、「撤回したい」という方がいます。
裁判所で相続放棄の手続きをおこない、受理されたあとに撤回したいと思ってもできないのが注意点です。
そのためマイナスの財産ばかりだからといって、すぐに相続放棄するのはやめておきましょう。
プラスの財産が思わぬところから見つかる可能性もあるので、放棄するか否かはじっくり検討するのが得策です。

相続権が次の人に移る

自分が相続放棄すると相続権が次の人に移ります。
そのため、ほかの相続人に迷惑がかかる可能性があり、揉める可能性もあるでしょう。
相続権は一般的に被相続人の配偶者→子ども→父母や祖父母→兄弟と姉妹というように順位が移動していきます。
誰かが相続するまで続いていくため、子どもや孫などが相続債務を引き継ぐことも。
引き継ぎを放棄する場合は、自分だけではなく次順位の人のことも考えなければならないのです。

まとめ

この記事では不動産の相続をテーマに、相続放棄とはどのようなものなのか、メリットや注意点を詳しくお伝えしました。
負担になるものを引き継がなくて済みますが、現金や資産価値のある不動産など、プラスの財産ももらえなくなります。
そのため財産の状態によって、放棄するか否かを考えましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|子どもを通わせたくなる!?「幸田町」のおすすめ習い事教室   記事一覧   不動産を養子に相続する場合は?節税対策になる理由や注意点|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約