幸田町での新築一戸建て・土地・不動産のことなら【ウッドボへ】 > ハウスドゥ!幸田店 株式会社ウッドボのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却の即時買取とは?メリットとデメリットを知ろう

不動産売却の即時買取とは?メリットとデメリットを知ろう

≪ 前へ|安城市の歴史や文化に触れよう!教育にもおすすめの文化施設は?   記事一覧   離婚するときの不動産価格にお困りになられたら......|次へ ≫
カテゴリ:不動産売却

不動産売却の即時買取とは?メリットとデメリットを知ろう

不動産を売却する際、「早く売ってお金にしたい」と思う方も多いでしょう。
不動産の売り方には仲介と買取の2つの方法があり、早期の売却を望む方は「即時買取」がおすすめです。
しかし土地や建物の売買は日常的におこなうものではないので、「仕組みがよくわからない」という方もいるのではないでしょうか?
そこでこの記事では、即時買取とはどのような制度なのかをお伝えしていきます。
ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における即時買取とはどんなもの?

不動産売却における即時買取とはどんなもの?

不動産における「即時買取」とは、業者(不動産会社)と金額の折り合いがついた時点で、すぐに売却できる方法です。
売却するにあたり、一般的によく利用されるのが「仲介」なのですが、そもそも仲介とはどのような違いがあるのでしょうか?

そもそも仲介と買取はなにが違う?

仲介で取引する場合、仲介業者を通して個人のお客さんに土地や建物を売ることになります。
買主が見つかるまでは売れないので、売主自身も積極的な売却活動をおこなわなくてはなりません。
必ず売れるという保証がないのも、仲介のデメリットでしょう。
その一方で、売主の希望する価格で売れるというメリットがあります。
極端な値下げにも応じなくていいので、自分のペースで売却活動をおこなえるのが特徴です。
それに対し買取は、買主は不動産会社などの法人になるのが一般的です。
業者が見つかればすぐに取引ができ、仲介よりスムーズな契約が見込めます。

即時買取は買取方法の1つ

買取のなかの1つである即時買取とは、市場で売却活動をおこなわずに契約が成立します。
そのため、人によってはさまざまなメリットが生じるのが特徴です。

なかには買取保証をおこなっているところも

買取保証とは、仲介で不動産を売っても「なかなか売れない…」という際に、不動産会社が買取をおこなう売り方です。
はじめの数カ月は仲介で物件を売り出し、もし契約成立に至らなかった場合は不動産会社が買い取ってくれます。
売れ残る心配がなく、仲介との良いところをとった売り方ですね。

不動産売却で即時買取を利用するメリットとは

不動産売却で即時買取を利用するメリットとは

では不動産売却で即時買取を利用すると、どのようなメリットが生じるのでしょうか?

1カ月かからない場合も?即売却が可能!

先ほどもお話ししましたが、即時買取は業者と価格の折り合いがつけば即売却が可能なのがメリットです。
たとえば引っ越しをすぐにしなければならず、「不動産をなるべく早めに売りたい」というケースがあったとします。
仲介の場合は、買主が見つからない限り基本的に売れないので、いつ現れるかわからない買主を待ち続けることになりますよね。
仲介の場合、売れるまで3カ月から半年ほどかかると言われているので、早く売りたい方には不向きといえるでしょう。
「すぐに現金化したい」「短い期間で売りたい」といった方にメリットが多い売却方法です。

すぐに利益を手に入れられる

即時買取をおこなえば、すぐに利益を手に入れられるのもメリットです。
仲介の場合、内覧や値引き交渉をおこない、買主が見つかってからは契約や住宅ローンの審査、税金の支払いなどさまざまな手続きを踏んでから利益が手に入ります。
そのため実際に利益が売主の手元にくるのは、数カ月先になるでしょう。
なかなか売れない場合は1年以上かかるケースもあり、利益が手元にくるまでに多くの時間を費やします。
その反面、即時買取なら不動産会社に売った時点ですぐに利益が手に入ります。
売るためにかかる時間や労力が不要で、すぐに現金化できるのが大きなメリットですね。

瑕疵担保責任を負う必要がないので安心

即時買取で売った場合、瑕疵担保責任を負う必要がないのもメリットです。
中古物件の場合、引き渡し後の一定期間内になんらかの不具合が出ると、売主はその修繕費などを負担しなければなりません。
しかし即時買取なら一般的に瑕疵担保責任は免責されます。
トラブルを回避できるのも大きなメリットでしょう。

仲介手数料がいらないのでコストをおさえられる

即時買取なら仲介業者に支払う仲介手数料が不要です。
一般的に「売買価格×3%+6万円+消費税」で算出でき、物件の代金が高いほど仲介手数料も高額になります。
しかし即時買取はあいだに仲介業者が入らないため、仲介手数料が不要になるのです。
そのためコストをおさえられ、余裕を持った売却ができますね。

周辺の住民に気づかれにくく、こっそり売却可能!

一般的な仲介での売却は、建物や土地に看板を出したりチラシを配ったりするため、売却中であることが近所の方に知られてしまいます。
売主のなかには事情があり、周辺の住民に売ったことを知られたくないという方もいるでしょう。
即時買取なら物件の情報などが外部に漏れにくいので、誰にも知られずに売りたい方におすすめです。

買主に対する接客をしなくてもOK

仲介の場合、売却活動は仲介業者がおこなってくれますが、売主側でもやるべきことが多くあります。
たとえば買主のほとんどがする内覧は、基本的に売主で対応するものです。
内覧希望者が現れた場合、見た目の印象を良くするため、部屋を掃除したり、傷んでいるところを修繕したりする必要があります。
また、シャッターや窓を開けて空気の入れ替えをしたり、空調で室温を快適にしたりするなど、売主にとって負担になることも多いでしょう。
1回や2回の内覧で契約につながればいいのですが、なかなか成約できない場合、掃除などを何度もおこなわなくてはなりません。
また値引き交渉があった際も、基本的には売主側での対応になります。

不動産売却で即時買取を利用するデメリットとは

不動産売却で即時買取を利用するデメリットとは

次に不動産売却で即時買取を利用するデメリットを見ていきましょう。

相場価格より安い金額になるので注意

即時買取の大きなデメリットは、相場価格より安く取引される点です。
そのため希望価格で買い取ってもらうのは難しいでしょう。
即時買取は、業者にとってみたら商品の買い付けになります。
安く仕入れて転売するため、一般的な仲介に比べると安い価格で取引されやすいのがデメリットです。

取引不可の物件もあることを忘れずに!

即時買取で購入した物件は、リフォームやリノベーションをおこない再販するのが一般的です。
しかしなかには修繕しても需要が見込めないような物件があります。

●再建築不可の物件
●旧耐震基準で建てられた物件
●駅から遠すぎる物件
●人気のないエリアにある物件
●延べ床面積が極端に狭い物件


再販しても売りにくい不動産の場合、取引不可の場合があるので注意しましょう。

実際にどのような人が住むのかわからない

即時買取の場合、その家に誰が住むのかは買い取った業者にしかわかりません。
居住用で利用されるのが一般的ですが、事務所やシェアオフィスなど、どのような使い方がされるのかわからないのがデメリットです。
思い入れのある家にどのような人が住み、どのような使い方をされるのか、気になる場合は仲介を検討したほうがいいでしょう。

まとめ

この記事では不動産売却を検討中の方に向け、即時買取のメリットとデメリットをお伝えしましたが、いかがでしたか?
すぐに利益を手に入れられたり、仲介手数料が不要だったり、さまざまメリットがあります。
その一方で、相場価格より安く取引されるといったデメリットも生じるため、両者を天秤にかけ、なるべく損のない取引をおこなってください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|安城市の歴史や文化に触れよう!教育にもおすすめの文化施設は?   記事一覧   離婚するときの不動産価格にお困りになられたら......|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約